STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

通勤風景


ここでも書いた通り、通勤がだいぶ楽になりました。

その通勤風景です。

チャトチャック公園。ここでBTS(スカイトレイン)からMRT(地下鉄に乗り換えます)。
P_20170911_084000.jpg


夕方は、この池の周りを市民が走っています。
P_20170915_084259.jpg


MRTタオプーン駅。ここでブルーラインからパープルラインに乗り換えます。
P_20170914_180105.jpg
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-09-17_08:30|page top

MRT(地下鉄)のブルーラインとパープルラインが接続してかなり便利に

8月12日に、計画通りブルーラインとパープルラインが接続しました。
これで、通勤がかなり楽になりました。

接続される以前は、ブルーラインとパープルラインの最寄り駅が離れており(1キロ)、その区間はシャトルバスを使わなければなりませんでした。そして、このシャトルバスの区間というのはすごく混むのです。1キロしかないのに、30分くらいかかることがしばしば。精神的な疲労を引き起こすかなり厄介な区間でした。

赤い線が、空白区間でシャトルバスによるピストン輸送が行われていました。
キャプチャ

しかも、ブルーラインのバンスー駅でMRT(地下鉄)を降りてからシャトルバスに乗るまでかなり歩かなければならず、肉体的な疲労を引き起こす環境でした。おそらく500-700mくらい歩きます。健康には良さそうですが、タイ人はのんびり歩くので、地下鉄のような狭いところでそれに付き合うのは厄介なのです。

そういった負担が、一気に解消されました。

有り難いことです。8月12日以前は、通勤に1時間10分程度かかっていましたが、15-20分程度短縮され、今では通勤時間が50分位になりました。乗り継ぎのタイミングが良い時は45分でいけます。

現在は、BTSアーリー駅からBTSモーチット駅まで行き、歩いてMRTチャトチャック駅(右の四角)に行きます。そこからブルーラインに乗ってタオプーン駅(左の四角)に行き、パープルラインに乗り換えて北上します。

往復で30分の通勤時間短縮となり、その30分を効果的に使いたいところです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-09-17_00:12|page top

来年の積立NISAのせいで、ここにきて各社ともに新ファンドを設立

インデックス・ファンドの積立で書いたように、9月から気分一新して新たなインデックスファンドを積み立てていこうと思いました。

でも、来年から始まる積立NISAの影響なのか、各社ともに新ファンドの設立に余念がありません。

こんなにいろいろ出されるとこちらも困ってしまいます。最近、NBAでは選手のFAやトレードで移籍が多くて全然フォローできていないですが、インデックスファンドも同じでフォローが難しいです。

当初は(ほんの1カ月前)、アセットアロケーションを以下のように考えていました。
1.アメリカ株(40%)
2.先進国株(20%)
3.新興国株(20%)
4.日本株(20%)

このアロケーションを踏まえて、積み上げていくファンド商品は以下を想定していました。
1.アメリカ株:iFREE S&P500インデックス
2.先進国株:ニッセイ外国株式インデックス
3.新興国株:e MAXIS SLIM 新興国株式インデックス
4.日本株:e MAXIS SLIM 国内株式インデックス

でも、ここにきてより魅力的な商品が新設されています。

例えば、以下の通り。

楽天投信顧問

野村アセットマネジメント



例えば、野村アセットマネジメントから出る2つの商品は以下の通りですが、コストがかなり低くなっており、これを例えば外国株投信を70%にして、日本株投信を30%にして積み立てていけば、それで何も考えずにOKなんじゃないかという気がしてきました。

野村つみたて日本株投信 日経平均株価(日経225) 信託報酬率0.170
野村つみたて外国株投信 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円換算) 信託報酬率0.190

そのくらい強烈な商品です。ネット内のインデックスファンド界隈でも、随分盛り上がっています。

楽天投信顧問の商品もずいぶん魅力的です

ちなみに、野村アセットマネジメントの商品は、10月からの販売になりますので、ここに決めるとすると積立時期は2017年10月からになります。


関連記事

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-09-16_08:24|page top

日経平均が冴えないと思っていたら、少しずつ持ち直してきた

ここ1ヶ月程度、低空飛行を続けて日経平均ですが、ここ10日ほどで持ち直してきたように思います。
今日も騰がっていますので、2万円近くまでもうすぐです。

基本的には、個別株が分散投資を心がけているので、日経平均が騰がれば、自分の保有銘柄群も騰がり、日経平均が下がれば、同じくらい下がります。

マニーは、主力第1位です。
ここ数ヶ月は相当イタいパフォーマンスでした。
ただ、ここ10日ほど回復傾向にあります。
まだ回復しきっていませんが、なんとか今年中に一番良かったころくらいの株価に戻ってもらいたいと思います。
主力なので、ここがコケると計算が全て狂います。

主力第2位のソニーは、ここ数ヶ月頑張っていてくれましたが、ここのところ一進一退の攻防を繰り広げています。
基本的には楽観視しています。

主力第3位のトヨタもなかなかイタい成績です。
配当狙いで、株価上昇は諦めています。

主力三羽烏が全体投資額の半分を占めていますので、この3つが塩っぱい成績では、僕の投資パフォーマンスも必然と塩っぱくなります。

主力以外で気になるのは以下の銘柄です。

1.オカダアイヨン
ここ数ヶ月絶好調でした。
残念なのは100株しか持っていなかったこと。
株価が2倍を超えたところで、買い増しを選択しました。
選択した途端に調整が入ってしまい、今のところ完全に思惑が外れています。。。

2.コムチュア
今年は、コムチュアに支えられています。これがなかったら、酷い有様でした。
コムチュアは9月末に3分割が決まっており、今後も上昇しそうな勢いを維持しています。
3分割されるので、買いやすくなります。

3.ケンコーマヨネーズ
おそろしく塩っぱい成績です。
マイナスになっています。
上昇するのか懐疑的ですが、損切りせずに粘ります。

大阪桐蔭の西谷監督が言うところの、『粘って粘って勝ち切る』でいきたいと思います。

今年も残り3ヶ月となりました。
これからのラストスパートに期待したいところですが、切り札が見当たりません。

最悪、このままいけば御の字かと計画を下方修正しています。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-09-15_06:53|page top

息子を連れて旅に出よう

10月に一時帰国します。

10月は、前国王のお葬式がありますし、お休みが何日かありますし、仕事が一段落つきそうなので、この機会を利用したいと思います。

主目的は、息子の保育園の運動会に出席することなのですが、それ以外にもうひとつ。

息子と二人で旅行をしたいと思っています。
本来であればもう少し大きくなってから(現在3歳)、夏に聖地甲子園を目指したかったのですが、すこし前倒しをします。
タイガースが日本シリーズに出て、その日程と合うのであれば聖地を目指すのはアリだと思いますが、今回はもう少し身近なところで、アトラクションがあるようなところでもいいかなと思っています。

妻と話をしたところ、今のところの提案場所は、

1.名古屋のレゴランド
2.ディズニーランドもしくはシー
3.軽井沢(おもちゃ王国)

どれもアトラクションです。

レゴランドは、あまり評判が良くないですね。しかも高いという
ディズニーランドは、今年の春に行きました。しかも、千葉県内なので旅という風情がない。
となると、軽井沢ですかね。新幹線だったら、息子は好きだし。ただ、おもちゃ王国って聞いたことがないので、よくわかりません。

現時点では、軽井沢かと。軽井沢といえば、新婚旅行(サブ)が軽井沢でした。もうかれこれ4年前です。

もうちょっと先なので、もう少し検討してみようと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-09-14_18:18|page top