STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

2018年5月の支出(222,703円)

家族がタイに引っ越してきてもうすぐ2ヶ月です。
2018年5月の支出です。
支出がかなり膨れ上がってきています。

1.外食費 42,983円
2.食材費・生活用品費 49,841円
3.衣服費  0円
4.水道光熱費 5,780円
5.医療費 0円
6.交通費 17,129円
7.通信費 23,800円
8.教育娯楽費 10,200円
9.交際費 74,970円

合計 222,703円

通信費が多いのは、SKYテレビを契約したからです。これは10ヶ月で7000バーツかかっています。まとめて払ったので、これ以上はかかりません。

教育娯楽費は、息子の体操クラブと楽器教室にかかっています。1回あたり3,400円です。教育費って馬鹿になりません。

交際費が膨れ上がっているのは、パタヤ旅行(2泊3日)に行ったからです。

驚いているのが、外食費です。一体全体何をそんなに食べたんだ?と振り返ってみてもうまく思い出せません。。。
パタヤで外食したので、少しくらい膨れ上がっているのはわかるのですが、それにしてもちょっと多いです。バンコクにしてもパタヤにしても、外食を続けているとエンゲル係数がドラマティックに上がって行きます。もちろん、ローカルの屋台で食べている限りは問題ないと思いますが、ちょっといいレストランに行くと、毎日のようにATMに行く羽目になります。僕はATMが好きではありません。

家族が来てから、生活環境はだいぶ整ってきたので、今後の生活コストは落ち着くと思います(落ち着くとよいが。。)。

引き続き、メリハリの効いた支出を心がけていきたいです。
comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-08_04:34|page top

2018年4月の支出 (143、208円)

だいぶ遅れてしまいましたが、2018年4月の支出状況です。
4月12日から家族がタイに引っ越してきました。そのため、全体的に生活コストが当然ながら増えています。

1.外食費:17,190円 (7,085円)
2.食材費・生活用品費:38,811円 (10,305円)
3.衣服費:0円 (0円)
4.水道光熱費:9,568円 (6,052円)
5.医療費:8,500円 (7,854円)
6.交通費:15,419円 (10,540円)
7.通信費:0円 (2,380円) 
8.教育娯楽費:0円 (0円)
9.交際費:53、720円 (19,142円)

合計:143、208円 (63、359円)

となっています。カッコ内は、2018年3月(単身赴任時)の支出です。

交際費が嵩んでいますが、これはスマートフォンを新規で購入したからです。HUAWEIのP10を購入しています。

3月と比べると、すべての項目で満遍なく増加しています。特に、食材費・生活用品費は4倍近くも増えて、一体全体なんでこんなに増えているのかしら?と茫然自失です。せいぜい、2.5倍から3倍くらいにしか増えてないだろうと予測していましたが、予測を大幅に上回ってしまいました。

今後は、教育費がかかってきますね。

引き続き、メリハリの効いた支出を心がけていきたいところです。
comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-07_04:19|page top

フエゴ火山が噴火して多数の被害がでている@グアテマラ

中米グアテマラのフエゴ火山が噴火したようです。
かなりの被害が出ており、心配です。

----------------------------------------

2010年に仕事で、グアテマラに行ってました。
2月から3月にかけてちょうど2ヶ月間の短期出張です。
主にグアテマラシティに滞在していたので、週末にはアンティグア(旧首都であり世界遺産)に遊びに行っていました。
グアテマラシティからアンティグアまではバスで1時間もかからないくらいなので、毎週末のように行っていたように記憶しています。

一度は、アンティグアに滞在し、パカヤ火山という山に登りました。

グアテマラという国には、先住民が多く暮らしており、その割合は全人口の60%以上と言われています。周辺国のエルサルバドルやホンジュラスとはその割合がかなり違っています。エルサルバドルには、ほとんど先住民族はいないと思います。ホンジュラスには若干います。

アンティグアには、その近辺の村から先住民たちがやってきて市場を形成します。

お土産用の小物や織物などを売って生計を立てているようです。おもな商売相手は、海外からの観光客です。

168970_500553784269_4788609_n.jpg

行き当たりばったりで、火山に登るツアーに参加しました。アンティグアは、というかグアテマラは観光立国なので気軽に飛び入りできるツアーがたくさんあります。この女の子たちは、これから登る観光客にこの杖を買わんかと商売しています。

179086_500554049269_1593379_n.jpg

午後からのツアーに参加しました。ワゴンで火山の麓まで行って、そこから登ります。自分の脚で登らずに馬を使う人もいます。もしくは、脚が動かなくなって下山できない人用なのかもしれません。

167214_500554194269_3017337_n.jpg

遠くに見えるのが、たしかアグア火山です。アグアとはスペイン語で水という意味です。
すぐ近くに噴火したフエゴ火山があるはずです。

168674_500554474269_3822328_n.jpg

登っているうちに暗くなってきました。雰囲気が出てきます。

167194_500556369269_2999902_n.jpg

一時間半くらい登ると、溶岩が見えてきました。

168066_500556414269_6712189_n.jpg

溶岩がそこら中に流れており、かなり近くまで行くことができます。が、すべて自己責任。グリンゴ(白人)は持ってきたマシュマロを枝の先に刺して、溶岩に当てて溶かして食べていました。あれは、今やったらインスタ映えしますねえ。

166882_500556899269_3970673_n.jpg

当然ですが、これだけ近づくとかなり暑いです。こんな溶岩がドロドロとゆっくり流れてきます。

167778_500556959269_4325346_n.jpg

かなり危険なツアーだと思いますが、参加する価値は十分にあります。海外には、このような危険度の高い(自己責任が問われる)ツアーがたくさんありますね。

先住民の子どもです。目がくりくりして本当に可愛いです。先住民の子どもの可愛さっていうのはなかなか無いです。

704009_10151617801594270_1909102265_o.jpg

1008961_10151617801959270_1685273310_o.jpg

フエゴ火山の状況がはやく良くなることを願うばかりです。

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2018-06-06_04:43|page top

ファブ・ファイブ銘柄の株価経緯(ファブ・ファイブに敬意を表して)

今のNBAも大好きなのですが、それと同じくらい90年代のNBAも好きでした。まだ日本がバブルの頃で、NBAが初めて日本に上陸したのが90年。ちょうど中学に上がり、バスケットボール部に入った時期と重なるので、よく覚えています。

日本で開幕試合を行ったのは、ユタ・ジャズとフェニックス・サンズ。今でこそフェニックスは弱いですが、当時はトムチェンバースとケビンジョンソンがいましたし、ユタには最強のデュオであるジョン・ストックトンとカール・マローンがいました。どちらも50勝している強豪でした。どっちが勝ったか覚えていないですが、部活のみんなと学校でテレビ観戦したのを覚えています。

その数年後に、全米バスケ界を席巻したのが、ミシガン大学のファブ・ファイブです。トップクラスの高校生を5人リクルートして、名門ミシガン大学で即スタメン。そのままファイナルフォーまで行ってしまいました。スタメン全員が一年生でチームを組むというのが当時も今も珍しいし、それでファイナルフォーまで行ってしまうのも凄いことです。エースのクリス・ウェバーは、カッコ良かったし、とにかく大人気でした。NBAにが上がり、エースとして活躍したのがクリス・ウェバー、エースをサポートするレベルの選手になったのが、ジャレン・ローズ、当初はかなり活躍したが尻窄みになったジュワン・ハワードと今考えても凄いメンツです。今では、有力選手は大学一年目を終えるとNBAドラフトにエントリーしてしまうのですが、当時はどんなに優秀な選手でも2-3年目まで残るので、今よりもじっくりと応援することができた時代だったと思います。

話がそれましたが、【ファブ・ファイブ】です。このファブ・ファイブになぞらえて保有銘柄のうち時価総額の高い銘柄5つをファブ・ファイブと名付けています。

その面々は、マニー、ソニー、トヨタ、コムチュア、ケンコーマヨネーズ。なかなかふてぶてしいメンツです。

ケンコーマヨネーズを除くと、すでに保有期間は3年になろうとします。マニーに関しては、3年前に一旦全額売却しており、その前に3年程度保有していたので、計6年位保有しています。

2015年6月の株価と現在の株価を比較して、どの程度上がっているのか(下がっているのか)確認したいと思います。

1.マニー(102%増)
2015年6月:2590円
2018年6月:5250円

2.ソニー(37%増)
2015年6月:3862円
2018年6月:5307円

3.トヨタ(14%減)
2015年6月:8604円
2018年6月:7379円

4.コムチュア(300%増)
2015年6月:1036円
2018年6月:3315円

5.ケンコーマヨネーズ(3年前は保有しておらず)(80%増)
2015年6月:2288円
2018年6月:4140円

こうやってみると、トヨタ以外は順調に伸びています。特にマニーとコムチュアは伸びが大きいです。ケンコーマヨネーズにしても順調です。

このファブ・ファイブは、銘柄の優良性で選んでいるのではなく、ただ機会的に時価総額の高い順に選んでいます。ですので、トヨタがファブ・ファイブだから素晴らしいということにはなりません。今になって、なぜトヨタをそんなに購入にしたのか、その理由が曖昧です。おそらく、配当利回り(3%以上)で決めたのだという覚えが微かにあります。

今年は、マニーが当時のクリス・ウェバー並のパフォーマンスでいい成績を挙げてほしいと思っています。
comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2018-06-05_04:30|page top

風邪をひいていましたが、卵のせいか長引かず

先週水曜日にタイ人同僚の送別会、木曜日に日本人の送別会と送別会が続けてあり、そのせいかわかりませんが風邪をひいてしまいました。

先週頭から体がだるかったんで、体調は良くないところに飲み会が続いてダウンしました。

金曜日は仕事を休みました。
土曜日、日曜日はおとなしくしていると、風邪は完治しました。

以前だと、風邪をひくと喉をやられて、咳が3-4週間続くというのが当たり前だったのですが、ここ1年位は喉を痛めても、咳が長引くことがなくなりました。というか、風邪をひいて喉を痛めても咳が出ることがほとんどなくなりました。大きな変化です。

どうしてだろうと考えてみたのですが、以前と変えた習慣は卵を一日2-3個食べるくらいしか思い浮かびません。風邪に強くなったし、風邪をひいてもすぐリカバリーするようになったのも卵の影響かもしれません。
comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-04_10:03|page top