STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

エクアドルとエルサルバドル

中米にゆかりのある人々と食事に行って来ました。

スペシャルゲストとしてエクアドル人も一人来ました。このエクアドル人、前情報ではエルサルバドル人ということだったので、最初に会った時に色々とエルサルに関する話をして盛り上げようとしたんですが、どうも話がうまくかみ合いませんでした。

なんか違うなと。

で、「どこの町の出身なんですか?」と聞くと「キト」という返事が。キトってエクアドルの首都です。

ここでやっとこの人はエクアドル人なんだと分かったわけです。みんな、彼はエルサルバドル人だと信じきっていました。

このエクアドル人の方は、日本人女性と結婚しており、日本在住歴が9年で、ほとんど完璧な日本語を使います。

話していて一番面白かったのは、中米の人たちはアメリカの方を向いている(アメリカの影響力が非常に強い)けど、南米の特に真ん中から下の方の国の人はスペインの方を向いているという話でした。

こういう風に中米人と南米人の違いを考えたことがなかったので、新鮮でした。


その後、六本木のサルサバーに行って、ラテン的な雰囲気を堪能してきました。キューバ人が多い店のようですが、狭い店内ではみんなサルサ、メレンゲ、バチャータなどの曲にのって、踊りまくっていました。日本にもこんな世界があるんだ、と。

たまに行ってみたい店です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(1)|日本(日記)|2012-06-23_08:06|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【エクアドルとエルサルバドル】
中米にゆかりのある人々と食事に行って来ました。スペシャルゲストとしてエクアドル人も一人来ました。このエクアドル人、前情報ではエルサルバドル人ということだったので

コメントの投稿

非公開コメント