STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ハ-デンさんが。。。

ファイナル第4戦。ヒートが勝ちました。レブロンの集中力が半端ないですね。あの表情を見ると、これはもう決まったかなという感じです。

レブロンなんて好きではないんですが、それでもやっぱり凄い選手です。オフェンスだけでなくディフェンスも一流です。
第1戦を終えたときは、レブロンとデュラントは同等だと思いましたが、レブロンのが上ですね。レブロンの弱点は、とにかく勝負どころで弱いという、エースとして致命的な欠点を抱えていたのですが、このファイナルを見る限り、克服したのかもしれません。オフェンスでは、ポストでのパワープレイを身につけてプレイの幅を広げました。

サンダ―の戦犯は、ハ-デンでしょう。あまりにもお粗末なターンノーバーが多いし、シュートはいらないし。完全にファイナルの独特の雰囲気にのみ込まれてしまっています。ここから立て直すのは、至難の業でしょう。でも、まだ22歳。あんなひげ面で32歳に見えていてもまだ22歳。良い経験だと思うので、来年以降ステップアップしてほしいです。ディフェンスを特に。

ほとんど優勝は決まったような感じになっていますが、次の試合で仮にサンダ―が勝てばまだわからないです。

ちなみに、昨日か今日に出たばかりのナンバー(雑誌)を読んでのですが、デュラントの記事が載っていました。彼は、本当に努力家です。しかも、品行方正です。GMの話では、「彼は選手として驚くほど成長を遂げているが、内面は全く変わっていない(スーパースターになっても驕ったところが全くないという意)」と言っていました。

これは、最大限の褒め言葉でしょう。

まだまだ、ファイナルを盛り上げてほしいです。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(1)|SPORTS|2012-06-21_07:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ハ-デンさんが。。。】
ファイナル第4戦。ヒートが勝ちました。レブロンの集中力が半端ないですね。あの表情を見ると、これはもう決まったかなという感じです。レブロンなんて好きではないんです

コメントの投稿

非公開コメント