STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

NBAファイナル

今日ヒートがセルティックスを破り、決勝2チームが出揃いました。

自分の予想では、スパーズとセルティックスが有力ではないのかと思っていましたが、どっちも外しました。。。

しかし、スパーズを破ったサンダーはすごいですね。0勝2敗から4連勝っていうのは、相当な実力がないと難しいはずです。相手が百戦錬磨のスパーズならなおさら。一気に勝ち切ってしまうところを見ると、チームの個々の能力はもちろん、チームのハーモニーも抜群なんでしょう。

かたや、ヒート。カンファレンスファイナルの最後の2戦で、レブロンが期待通りの活躍をしました。特に5戦目の45得点というのは凄まじいパフォーマンスです。あそこであの活躍ができるのは、彼の充実度の高さが伺えます。

決勝は、ビッグスリーを揃えるチーム同士になりました。

レブロン、ウェイド、ボッシュ(怪我のため控え)対デュラント、ウェストブルック、ハーデン。

おそらく、レブロンとデュラントは誰も止められないでしょう。お互いにマッチアップをするのかしないのか。通常、エースをエースにぶつけるとファールトラブルに陥る可能性が出てくるので、大事な局面ではないとそういうことにはならないと思います。
ヒートは、デュラントに対してはバティエをつけるのかと思います。でも、高さのミスマッチが生まれますね。ボッシュだとついていけないだろうし。どうするでしょうか。

サンダーは、レブロンにセファローシャをつけるでしょう。でも、パワーではミスマッチになりますね。

どちらにしろ、誰をつけても止められないので、勝敗を左右するのは2,3番手の選手のプレーにかかってくると思います。

つまり、ウェイドとボッシュ、ウェストブルックとハーデン。

特に一回優勝しているウェイドのプレーの質と、サンダーの司令塔であるウェストブルックの出来が勝敗を左右すると思います。

サンダーは、今シーズン後にハーデンとイバカがフリーになります。

ハーデンとは再契約しないのではないでしょうか。そうなるとビッグスリーでの優勝のチャンスは今回だけだと思います。すごくいい選手なんですが、NBAで一番層の厚いSGというポジションから、替えはきくと思います。

同じくフリーになるイバカの場合、ビッグマンでディフェンスがよく、オフェンスも伸びています。このような選手はNBAといえど貴重なので、替えを見つけることはなかなか難しいです。よって、優先順位はイバカ>ハーデンになると思います。

とにかくファイナル楽しみです。

レブロンとしては、自分の世代を通り越して、その下の世代にリングを取られるわけには絶対いかないでしょう。そこの意地が勝つか、それともまたプレッシャーに負けるか、彼のキャリアの分岐点になるファイナルです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(1)|SPORTS|2012-06-10_22:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【NBAファイナル】
今日ヒートがセルティックスを破り、決勝2チームが出揃いました。自分の予想では、スパーズとセルティックスが有力ではないのかと思っていましたが、どっちも外しました。

コメントの投稿

非公開コメント