STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ドラゴンタトゥーの女

飛行機の中で映画を見ました。ドラゴンタトゥーの女。
サイコサスペンスな映画なんですが、最後はちょっと悲しい結末です。
ドラゴンタトゥーの女を演じたルーニ-‐マーラさん。てっきりヨーロッパの人だと思いましたが、調べるとアメリカ人でした。ニューヨーカー。ニューヨーク大学を卒業しているようです。

この映画の主人公は、彼女なのか、それともジャーナリスト役のダニエル・クレイグ(007の人)なのか、微妙ですが、個人的にはマーラさんの演技がぶっ飛んでいて良かったです。厚化粧で、ゴス的なファッション、顔中にピアスというビジュアルなので、怖いのですが、きちんとしたした格好をすれば綺麗な女優さんなんだと思います。

似たような名前が沢山出てくるので、話が若干複雑なように感じますが、要は犯人探しに雇われた作家(ジャーナリスト)が、リサーチャーのドラゴンの刺青をしている女の子とともに、事件を解決するという話です。

スウェーデンが舞台となっており、時期的には秋のような印象を受けました。北欧の秋は、これからどんどん寒くなっていくし、日が短くなっていくので、雰囲気的には暗黒のイメージがします。その映像が、ストーリーにシンクロしていました。

帰りの飛行機でもう一回見ようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(1)|書・映画・音楽|2012-05-22_00:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ドラゴンタトゥーの女】
飛行機の中で映画を見ました。ドラゴンタトゥーの女。サイコサスペンスな映画なんですが、最後はちょっと悲しい結末です。ドラゴンタトゥーの女を演じたルーニ-‐マーラさ

コメントの投稿

非公開コメント