STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

プレイオフに突入

NBAがプレイオフに入っています。一回戦が行われており、俄然盛り上がっています。
毎年この時期になると思うのですが、プレイオフっていうのはどのスポーツでも盛り上がりますね。

西からみると、スパーズが好調を維持しています。選手層が厚いのと、パーカーが好調を維持していること、ダンカンが健康であるというのは3つの要素があり、おそらくこのまま西カンファレンスの決勝まで行きそうです。
おそらく西の決勝はサンダ―との一騎打ちになるでしょう。

サンダ―も調子が良いです。鍵を握るのは、ハ-デンではないでしょうか?彼はチームでは3番目の男なのですが(しかもスタメンではない)、チームに欠かせない選手です。シュート力があり、ペネトレイトもスピードはないですが、相手との間合いを上手く使って果敢にバスケットに向かっていきます。さらにPGができるし、守備もなかなかよいです。どこからともなく手が出てくるんですね。ワールドピースからかなり酷いファールをもらって脳しんとうを起こしましたが(あれは故意でしょう)、体調は良さそうです。サンダ―の弱点はウェストブルックの暴走ですが、それを上手くコントロールできるのはハ-デンしかいないと思います。彼は、精神的にも安定しているのか、ビッグプレーを決めても感情を出さないで飄々としています。

東は、おそらくヒートが決勝に進むでしょう。
大方の予想では、ブルズは東の大本命だったのですが、エースのローズが怪我で終了し、センターのノアも足首を捻挫したので、一気に望み薄になってしまいました。レギュラーシーズンでは、ローズ抜きでも戦えることを証明したんですが、やはりプレイオフでは勝手が違うのでしょう。全然上手くいってないです。

シクサーズは、開幕当初は絶好調で、後半から一気に調子を落とし(というよりも、相手に戦略が読まれて対応されてしまった)ましたが、プレイオフでブルズ相手に勝ちそうです。監督が、ビッグプレーをしたターナーを絶賛していましたが、ターナーも来年以降はハ-デンくらいやれるのではないかとみています。

決勝は、スパーズ対ヒートだと予想しますが、もしイバカがダンカン相手に奮闘すればサンダ―対ヒートになるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-05-07_07:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント