STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

ファイターズ観戦

東京ドームにて、ロッテとの3連戦。初戦を見に行ってきました。

P1070567.jpg

A席指定で、わりとよい席でした。グラウンドまでは結構遠かったけれど。

周りは、中学生(修学旅行生)に囲まれていました。彼らは日ハム側に座っていたので、そうかわざわざ北海道から来たのかと思っていたら鳥取の中学らしかったです。生徒たちはおとなしく見ていたんですが、先生たちが弁当の空箱を集めたり、写真と撮ったりと、ウロチョロしていました。少し落ち着きなさいと思ったんですが、声にして言うことができませんでした。

結果は、負けました。。。
ロッテは今年は調子よさそうです。投手陣がいいですね。日ハムのライバルになりそうです。

試合を見ての所感。
1.賢介はチームに流れを引き寄せることのできる選手である。若干守備でもたつくことのある今季ですが、打つほうではしっかりチャンスメークできていました。この回に反撃したいなという時に必ず出塁していました。打率がグングン挙がっています。彼は3番よりも1番が適任かと。

2.ダイカンのポカ。せっかく稲葉がノーアウト3塁というビッグチャンスを作ったのに、初球をショートゴロ。結局点数が入りませんでした。うーん。あそこはじっくり見るべきだったのにと思いました。三振したくなかったから早打ちになったのかな(ダイカンは意外と三振が多い)

3.中田の打撃フォーム。あんなに足を開いて打席に入る人を初めて見ました。あれはいくらなんでも開きすぎなんじゃないかなと、素人目でも思ってしまいます。周りにいた中学生も、あれは開きすぎだろーとざわついていました。
P1070562.jpg

4.多田野のテンポ。ストライク先行の非常にテンポの良い投球でした。6回で降板しましたが、本人はもっと投げたかっただろうなと思います。今年は、多田野、八木、吉川でダルがいなくなった穴を埋めなければなりません。
P1070560.jpg

5.2番をどうするのか。現在は小谷野が任されていますが、調子が上がらないです。チームプレーに徹することのできるプレイヤーなので2番は適していそうですが、ちょっと勿体ないような。打点王ホルダーですから。

東京ドームでは、6月にホークス戦があるようなので、また行きたいと思います。交流戦が始まったら神宮にも行きたいな。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-04-25_07:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント