STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

アメリカのAMAZON.COM

最近、個人輸入が流行しているように思います。雑誌などで特集が組まれています。海外品は、海外から直接個人で購入したほうが安いという理由があると思います。一方で、トラブルを増えているようですが。。

以前、アメリカでビジネスシューズを購入しました。日本で買えば1万7-8千円くらいするのが、むこうでは60-70ドルくらいで売られていました。これは安いと衝動的に購入したんですが、実際に履き心地が良いし、よい買い物をしたと思っています。

これならもう1足あってもいいなと思ったんですが、日本の靴屋やネット通販で調べてみると、やはり1万7-8千円くらいします。ちょっと高いです。絶対評価で高いということではなくて相対(アメリカと比べて)評価で高く感じます。なぜ倍以上も違うのかと思ってしまいます。

アメリカのアマゾンで同じ靴をチェックしてみると、83.5ドルでした。日本円で7000円くらいですね。
これに国際発送費がかかります。国際発送費は、3種類用意されており日本へは2.99ドル、8.99ドル、11.99ドルとなっています。11.99ドル(1000円弱)だった場合は、1週間くらいで到着するようです。これは結構クイックです。

つまり8000円出せば、1週間後にはこの商品が手に入ります。

個人輸入は、信頼性の問題などで二の足を踏む人がいるかと思いますが、アマゾンだったらまあ大丈夫なんじゃないかと思っています。

実行する価値があると思うので、ビジネスシューズが欲しくなったらトライしてみます。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2012-04-19_06:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント