STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

台北苑

たまには、台湾料理を食したいと思い、ランチで台湾料理屋へ。
その名も、台北苑

店の大きさはそれほど大きくもなく、無造作にテーブルが並んでいます。
どことなく接客の女性も厨房の男性もリラックスしている感じがしました。きっと台湾人なのでしょう。イメージとしては沖縄人以上にリラックスしているのが台湾人です(南国気質という意味です)

頼んだのが、魯肉飯。600円。

以前、台湾人の友人にこの料理を紹介され、非常に旨かったなあという記憶があったので、これを頼みました。これを食べるためにこの店に来たようなものです。

ご飯の上に、徹底的に煮込んだ豚の角煮、高菜、味の付いた挽肉などがのっています。ちょっとしょっぱいのですが、典型的な丼ものでガンガンいけます。

以前は、秋葉原のヨドバシのすぐ近くにもこのドンブリが食べられるお店があったのですが、残念ながら閉店になってしまいました。

よって、この辺りでこの料理が食べられるのはココだけかもしれません。

実際、台湾料理と中華料理っていうのはそれほど違いが無いように思いますが、なんとなく台湾料理というとホッとします。台湾料理にホッとするというよりも、台湾人にホッとするのかもしれません。

また来ようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)||2012-04-05_21:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント