STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

3月の狂気(2012)

今年もやってきました。マーチマッドネス。
アメリカの大学バスケのトーナメントです。
今年の優勝候補は、ケンタッキーやシラキュースです。シラキュースのチャンピオンスウェットを持っている者としては、シラキュースに頑張って欲しいです。

大学バスケというのは、アメリカではかなり人気が高いです。下手するとプロバスケよりも人気があるかもしれません。日本のプロ野球と高校野球の関係に似ています。

バスケットボールというのは、野球やサッカーに比べてチームの実力がそのまま結果に反映されやすいといわれていますので、いわゆる番狂わせというのは起きにくいものなんですが、大学バスケはこの番狂わせが結構な確率で起こります。試合中のちょっとしたミスなどで、流れが変わってしまうんですね。

一応優勝候補のひとつと言われていた名門のデューク大学が、トーナメント一回戦で姿を消しました。これにはあっけに取られました。。。デュークって才能豊かな選手が揃うんですが、メンタル的に弱いのはもはや伝統みたくなっていますね。残念ながら。

2012年NBAドラフトいの一番に指名されそうなケンタッキー大学のアンソニー・デービス。顔がデリックローズをさらに濃くしたような顔をしていますが、ブロックショットが凄いです。そして走力もあります。オフェンスはまだまだです。

現在、ケンタッキーとアイオワ州立大学の試合をやっていますが、アイオワ州立大学の監督はなんとフレッド・ヘイワードです。昔、ブルズでプレーしていました。彼はアイオワ州立大史上最大のスタープレイヤーだったらしくて、かなり人気あるそうです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-03-18_10:34|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント