STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

レニ―じゃなくてモリッシーかな

レニークラビッツが4月に日本に来るということを、以前書きましたが、いくかどうか迷っています。
なぜなら、4月にモリッシーが来るからです。
あのモリッシーです。
The Smithsのモリッシーです。

これは、正直凄いことです。
最近のモリッシーは、スミス時代の曲も出し惜しみなくやるそうなので、結構すごいことになりそうです。
調べてみると、現在モリッシーは、南米ツアーの最中です。

セットリストはこんな感じ。名曲の一つである、Everyday Is Like Sundayが入っていますし、How Soon Is Now?も入っています。

セットリストには入っていないけれど、もっとも聴きたい曲はThis Charming Manです。こんな素晴らしい曲はありません。ジョニーマーの流麗なギター、かっこええ。



80年代当時、スミスのライブでは、聴衆がバラを持っていき、歌っているモリッシーに対してそのバラを投げつけていたそうですが、今もそうなのかな?

ジェームスディーンの髪型とニューヨークドールズの音楽をこよなくモリッシーのライブは要チェックだなと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2012-03-14_20:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント