STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

ジェレミー・リン

現在、ニューヨーカーをもっともとりこにしているスポーツ選手といえば、ジェレミー・リンになるのではないでしょうか。

今シーズン、ここまで全く良いところのなかったニックスの救世主になっています。

台湾系アメリカ人でハーバード大学卒のジェレミー・リン

ブレイクする前ですが、CNNで特集されています。

彼はハーバード大学からNBAに入った2人目の選手であり、実に60年ぶりらしいです。

現在ニューヨーク・ニックスに在籍しており、ここ4試合でスタメン。チームは4連勝。今日はレイカース相手に38点。

191cmと一般的なNBAのガードと比較しても遜色のない体格。スピードはそれほど感じないが、体の使い方とバランスがいいようで、果敢にペネトレイトして得点します。シュートも結構上手い。

現在、エース格のニックスはスタウダマイヤーとカーメロアンソニーが欠場していますので、戦力ダウン中なのですが、ジェレミーがスタメンになってから、ボールがよく回り、効率の良いオフェンスができています。

問題は、スタウダマイヤーとカーメロが戻ってから、チームがどうなるのかというところです。現在、ボール持ちたがりのカーメロがいないので、上手くボールが回っており、機会均等オフェンスがなされていますが、この二人が戻ってくると、ボールが回らなく可能性は高いです。

そして、ジェレミーは現在チームで得点を取るプレイヤーがいないので、果敢に点を取りにいってそれが良い方向に向かっていますが、エース二人が戻ってきたら、果たして黒子役(パス優先のポイントガード)になることができるのか、という課題もあります。

でもとにかく、ジェレミー・リンのプレイはみていて面白いし、久々のアジアンプレイヤー(ヤオミンが引退したばかりだし)なので頑張ってほしいです。目の肥えているニューヨーカーの心をたったの一週間で掴んだのは凄いし、これが続くことを期待します。

明日は、ニックス対ウルブスの試合があります。つまり、ジェレミー・リンVSリッキー・ルビオです。今一番ホットなプレイヤー同士のマッチアップ。かなり面白そう。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-02-11_23:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント