STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

人工首都

人工首都っていう言葉が適切かどうかわかりませんが、いかにも計画都市という感じの街です、この国の首都は。

この街は本当にオンリーワンな存在です。他の街と違い過ぎます。あまりにも違いすぎる。

車が全く走っていない片側7車線の道路とかあります。中国みたいです(行ったこと無いけど)。

とにかくだだっ広いところにホテルや省庁の建物がポツポツ(本当にそんな印象です)建っている風情で、かなりの違和感を感じます。

そんなところに、民族衣装をまとって三角帽をかぶった人たちが自転車を乗っている風景を目撃すると滑稽にする見えます。

国会議事堂の建物を見ましたが、とてつもなく大きく、国際コンベンションセンターなどもBigどころではなくてHugeなレベルです。最近、国際空港が出来たそうですが、滑走路が3つあり、おそらく成田よりも大きいのではないかと思われます。

政府は、今後この街が大きくなっていくことを考えて、インフラ整備していると思うのですが、本当にそうなるのかなというのが現在の印象です。でも、きっとそうなるんでしょう。5年10年後には。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2012-01-29_14:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント