STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

共産主義の影響が色濃く残る



もともと、この国は計画経済がなされていたそうで、共産主義の影響が強く残っています。
例えば情報統制。

今回の調査では、コミュニティの意見も反映したプロジェクトになるのですが、住民等に質問を投げかけても、いつも同じ答えしかかえって来ません。政府のスタッフが一緒について周っているので、住民はあまり自分の意見を言えないようになっています。あまり変なことをいうと、あとからお説教を受けるのでしょう。今後、民主化が加速化されると思うのですが、そう簡単に人々のマインドは変わるわけはないと思うので、しばらくはこのような状況が続くと思われます。印象的だったのが、村落のリーダーはどういう風に決められるのかと聞いたところ、はっきりとした答えが返ってきませんでした。それでこちらから、投票をしているのか?と質問すると、一応そうだという答えが返ってきました。民主化されているんだね、という風にいうと変な空気になってしまいました。禁句だったようです。。。

あとは、ヒエラルキーがしっかりしており、調査はしやすいように思います。こちらが欲しいデータや情報がしっかり入手できます。今までいくつかの国で仕事をしてきましたが、ここまでしっかり情報を管理している国を僕は他に知りません。管理している情報がすぐに出てくるのも凄いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2012-01-19_00:55|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント