STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

イタリーとジャーマン

仕事の関係で、イタリアとドイツに電話をしました。
時差を計算して(夏時間が終わり日本と欧州の時差は7時間)、欧州が8時半の時に電話をしました。

ドイツの企業に3社、イタリアには1社に対して電話をしたのですが、前もって送っておいたメールを見ていてくれていたらしく、反応は良かったです。同じEUでも、当たり前ですが全然話した印象が違います。堅実なドイツと陽気な(のんきな)イタリアという印象でした。でも、どちら国の人もフレンドリーな感じです。

しかし、欧州は大変なことになっていますね。
ドイツは、EUを抜けるかもしれないという噂があったりしますが、一方でドイツも欧州各国に対して依存している(輸出の7割が欧州向け)ので、おそらくこのまま文句を言いつつもとどまるのではないかと思います。
一方のギリシアは、借金で首が回っていないようです。このままEUにとどまるのか、それとも脱退(させられる)するのか、借金を踏み倒すのか、それともなんとか打開策を見つけるのか(きっと無理かもしれない)。

世の中には、ある特定の国をカテゴライズする言葉があります。BRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)やVISTA(ベトナム、インドネシア、南ア、トルコ、アルゼンチン)のような新興国を指す言葉のことです。最近では、PIGSという言葉がよく聞かれます。ポルトガル、イタリア、ギリシア、スペインの4カ国を指します。

EUの足を引っ張る4国とカテゴライズされてしまっています。

村上春樹の80年代後半の旅エッセイの中のイタリアの場面で、イタリア人の友人が春樹氏に対してこう述べています。『国というものは潰れそうでも、そう簡単には潰れないものだよ。』という記述があって、すごく印象に残っているのかですが、それから約25年。それが現実のものとなりつつあります。

日本の場合、現在TPPが盛んに議論されていますが、個人的には大反対です。これからは、水と食料が大切になってくる(日本は人口減だが、世界規模では引き続き人口爆発)と思うので、日本の農業を守ることには絶対に賛成です。これは国の滅亡とも関係してくる問題だと認識しています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(2)|trackback(0)|WORK|2011-11-02_20:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
レイアウトを変えられたのですね。とてもかっこいいです。
まだ自分は読んでいない本なのですが、国の食糧保障が破綻すると、国が滅亡すると仰られているかたがいて、早くその本を読みたいと思っています。

TPP賛成派の私としては、直接お会いしてじっくりと議論したいものです。

では、来月宜しくお願いします!
No title
ありがとうございます。
そうですかー。TPP賛成派なんですね。
うーん。賛成派がやはり多いのでしょうか。僕は、反対派なのですが。。。

ブログのテンプレを変更したので(幅のある)、沢山写真をアップしたいと思います。