STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

日本へ

現地を金曜日の夜中(23時50分)のフライトで発ちました。

4時間50分でバンコクへ。トランジットがなんと50分。結構あわただしかったです。バンコクの国際空港はなかなか広くて1キロ以上歩きました。時間が少しあったので、本屋へ。毎回恒例の洋書探し。

ビジネス系にするか、小説系にするか、いつも悩むのですが、今日は自伝系にしました。

でも、本当の意味での自伝ではなくて、ライターによって書かれたDavid Bowieの70年代と音楽に関するものです。つい最近に出版されたそうです。

帰りの飛行機中で少し読みました。思ってたのと少し内容が違いました。

70年代のバイオグラフィーかなと思って買ったのですが、どうやら70年代の彼のディスコグラフィーでした。

Bowieの70年代に焦点を当てているのは良いのですが、一曲一曲を紹介して、それを当時のBowieの当時の生活や友人関係と絡めており、曲と曲との間の話につながりがあまりなくて、一編完結型のドラマのようです。もう少しストーリー性のある構成だと良かったのですが。


The Man Who Sold the World: David Bowie and the 1970sThe Man Who Sold the World: David Bowie and the 1970s
(2011/09/29)
Peter Doggett

商品詳細を見る


英語の自伝っていうのは結構面白いで、今度はジョージ・W・ブッシュの自伝でも読んでみようと思います。



バンコクから東京の飛行は約6時間。ぐっすり眠れましたが、食事がイマイチでした。

バンコク帰りの日本人を見ていると、わりに風来坊みたいな人たちがいて結構面白いです。タイは、料理はおいしいし、観光もあるし、安いし東京からも近いし、遊ぶには最高なんでしょう。

大学の卒業旅行で行ったのを思い出しました。あの時は2週間で4キロくらい痩せました(下痢症)。なかなかタフな旅行だった記憶があります。チェンライはまたいつか行ってみたいです。バンコクから飛行機が出ているようですし、アクセスは比較的に良さそうです。


とりあえず、土日は完全休養です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2011-09-30_21:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント