STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

got to work

一昨日から出張で南アジア某国に来ています。

今回の出張で使った航空会社は、前回よりも時間がかからないという触れ込みだったのですが、結局はたった1時間しか違いがありませんでした。

成田を11時に出発し、バンコクまで5時間50分。トランジットが4時間。そこから目的地まで4時間半かかりました。ホテルに到着したのは夜の11時半。そこから(いつもどおり)チェックインに時間を要し、結局部屋に入ったのは12時半過ぎ。就寝は1時半でした。

翌日は、日曜日でしたが、早速打ち合わせなどがあり、マッタリする時間などありませんでした。

今回のホテルは、前回泊まったホテルと全く同じところです。なかなか良いホテルなのですが、今回はババを引いてしまいました。部屋がペンキの匂いで充満しているし、ネット環境が悪かった。

ということで、早速部屋の変更を頼みました。ネット環境の良い部屋をリクエストしたところ、今度はアタリです。
ネットはある程度できるし、そして部屋がくさくありません。

こういう環境であると、仕事は捗りそうです。

打ち合わせで、ひさびさに現地スタッフと会いました(昼食を招待した)。みな元気そうですが、ちょっと笑えたのが、みんなラマダンのせいか痩せていたことです。ラマダンの間は、日が昇っている間は食べ物を口にできませんが、そのせいでみんな痩せるようです。でも、こっちの人は脂っこい食事のせいで太っている人が多いので、一ヶ月くらい断食をすることは理にかなっているのかもしれませんね。日本でも断食流行っていますし。僕も断食には興味を持っています。1週間くらい寺で断食とかやってみたいと思っていますが、なかなか時間がとれません。

こちらの食事を久々に食べましたが、結構美味しいです。カレー風味でラム料理があるのが、この国料理の特徴です。インドとトルコを融合させた感じでしょうか。

このところ治安が安定しているそうで、これもうれしいです。でも油断禁物です。

明日から忙しくなる(おそらく出張中で一番忙しい一週間になる予感)ので、今日は10時頃には寝ようと思います。まだ軽い時差ぼけが残っています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|その他|2011-09-11_22:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント