STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

マスンガへの出張(4月7日-25日)

4月は、マスンガ(ノース・イースト郡)に出張に行きました。
マスンガは、首都ハボロネから北へ550Kmです。
村には、スーパー、ネットカフェ、中華系服屋(どこにでもいる中国人。脱帽するしかありません。)
などがあります。
ボツワナ第二の都市フランシスタウンまで車で1時間半くらいでいけるので、そこで買い物ができます。

ここマスンガの特長ですが、住んでいる人々の多くがカランガ族といいます。
彼らは、ボツワナの多数派であるバンツー系ツワナ人とは違います。
見た目がまず違います。真っ黒であり、精悍な顔つきをしています。
性格的には、アグレッシブだという気がします。
喧嘩っ早くて、酒が好きとも言われていますが、そこら辺はわかりません。





DSCN4609.jpg

いわゆる伝統ダンス
これは、マスンガでおこなわれた青年育成プログラムのイベントの一部です。




DSCN4616.jpg

これもイベントの一部
ステージに立っているのは、ボツワナのカリスマゴスペル歌手です。
彼は、自前のテレビ番組を持っており、ボツワナで知らない人はいないという有名人です。




DSCN4623.jpg

マスンガにあるNGO
宗教系のNGOです。
エイズ対策だけでなく、青年育成などの活動をしています。
この国では、バレーボールが意外と人気です。




DSCN4635.jpg

マスンガの中心
このスーパーマーケットは、おそらく南アフリカ人がオーナーです。
一通りのものはここで買えますが、野菜、果物は少ないです。




DSCN4628.jpg

ボツワナ第二の都市フランシスタウン
最近、ジンバブエからの移民が多く、治安が悪化しているとか?


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|ボツワナ(日記)|2008-07-20_10:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント