STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

自分の答えのつくりかた


自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND
(2009/05/22)
渡辺 健介

商品詳細を見る


たまたま本屋で目に留まって購入しました。著者はイエール大学(学部)を卒業後、コンサル会社のマッキンゼーを経て独立されているそうです。

おそらく中学生に読んでもらうために書かれている内容なので、ちょっと拍子抜けします。物語を通して、物の考え方(コンサル言葉で言う問題解決とか)をマスターするようになっています。

☆ 評価軸評価シート

☆ ピラミッドストラクチャー

をつかって、主人公が生きていく中で必要な選択に迫られたときに、この2つの手法を使って問題分析をしていきます。

現実に直面する問題が、このような手法を通してあっさりと解決するとは思いませんが、判断材料として、頭の整理として、使うことはできるのはではないかと思いました。

また、プロジェクトを行う上で、阻害要因や失敗要因を分析する際には、ピラミッドストラクチャーは必須だと感じました。


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2011-06-25_12:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント