STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

Virginia

以前、ホンジュラスに住んでいたときに、仕事でかなりの僻地に行ったことがあります。
こんなところまで普通こないだろうというようなところです。いろんな経験を積んできましたが、この旅もなかなか忘れられない経験です。

住んでいて場所から、およそバスで6-7時間かかるような場所です。直線で見れば100キロもないと思うのですが、道は舗装されておらず、くねくね道だから、そのくらいかかってしまうのです。でも、実際には6-7時間では済みませんでした。途中で乗っていたバスがぬかるみにはまってしまい、2時間くらい立ち往生してしまったのです。でも、ホンジュラスのような国では良くあることです。結局乗り継ぎのバスに間に合わず、目的地の前の町で一夜を過ごす羽目に。

それまでも、かなりミゼラブルな宿に泊まった経験はありましたが、人生においてこれほどまでイケテない宿は後にも先にもありません。もちろん、お湯はでません。窓があきっぱなしなので蚊が入ってきます。蚊は刺すのは当たり前ですが、ホンジュラスの蚊は煩いんです。非常に煩い。だから、なかなか寝付けませんでした。


RIMG0497.jpg
The most miserable room in my life


RIMG0498.jpg
The most miserable hostel in my life (スペイン語では、Hospedajeという)


で、結局目的地には翌日の昼前に着きました。
ある病気に関する簡単な研修会をというか勉強会をそこの住民にやる予定だったのですが、準備をあまりやらなかったせいもあり、勉強会自体は不調でした。

この目的地は、Virginia(アメリカのヴァージニア州と同じスペル。でも発音はヴィルヒニア)といいまして、レンピーラ県以南に位置します。川を渡れば、そこはもうエルサルバドルというところです。

ここでは、友人の家に泊まりました。かなり大きな家で、お父さんは所謂村の名士みたいな人で、この辺りでは一番裕福な家庭だったと思います。お母さんは、かなり感じの良い人でした。(ホンジュラスの典型的な田舎のお母さんタイプで、来客を丁重にもてなしてくれる)

RIMG0505.jpg
Virginiaとはこのような緑の綺麗な村落でした。標高が低いので(300-400mくらい)、たまらなく暑い。


この友人というのは、当時は大学生(医大)だったのですが、何があったのか現在はスペインで暮らしています(所謂出稼ぎ)。スペインでは、中南米人というのは差別を受けるそうですが、なんとかサバイブしているようです。

で、最近連絡が来ていました。東北沖地震があった後です。メールの内容は、地震は大丈夫?というものでした。その友人のお母さんも心配してくれていたようです。その話しを聞いてビックリしました。このお母さんが、まだ自分のことを覚えていたということもそうですが、僕が日本人だったということ、そして日本で地震あったことを知っていたということに対してです。
Virginiaは、相当な僻地でテレビもろくにないような所だったので、お母さんがどのようにして日本の事情を知ったのか、非常に興味深いです。きっと、すでにケーブルテレビがVirginiaにも導入されており、CNNとかで見たのかもしれません。

RIMG0515.jpg
糞ころがし


RIMG0513.jpg
弟くん。現在もVirginiaにいるそう。このときは、途中の町まで馬に乗せてもらって送ってもらいました。

RIMG0517.jpg
帰りに泊まった宿には、ケーブルテレビがあったので、一人でNBAを見ていました。変なアジア人が一人でビールを飲みながら、テレビを見ているのは周りからみればかなり奇妙に移ったと思うのです。

RIMG0519.jpg
部屋は、まあまあ綺麗です。


写真を見ると6年前です。ずいぶんムチャしたなと思います、いまでは、もうこのようなことは出来ないです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2011-04-13_23:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント