STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

The Strokesの4thアルバム『ANGLES』

つい先日、The Strokesの4thアルバムが発売されました。外野から渾身の力作という声も聞かれ、結構期待していました。なんせ、3ndアルバムが思ったほどピンとこなかったもので。

アルバム名『ANGLES』。一瞬、『ANGELS』かと錯覚しましたが。。。5年ぶりのアルバムです。2000年ごろにデビューしたときは、メンバーは20歳前後でしたが、今ではみんな30歳になっています。ジュリアンは78年生まれなんですね。

デビューアルバムが出た頃は、それはそれは凄い盛り上がりで、地元NYでも英国でも凄かったようです。WIKIで調べてみると、メンバーのほとんどの親が欧州人らしいです。NYのような人種の坩堝で育っているので、あまりアメリカ的な雰囲気は感じません。それは、ファッションも音楽もそうです。

テレヴィージョンやベルベッドアンダーグラウンドを意識したサウンドは、すごくカッコよかったです。2ndでも同じような路線でいきまして、これも結構良かったです。2003年頃に出たのかな。

2006年の3ndは、お金をかけて作っただけあってサウンドは重厚になりましたが、なにかしら重く感じるし、ストロークスらしいメロディが影を潜めてしまいました。

そんな紆余曲折もあっての今回の新譜。ストロークスらしさが前面に出ていて爽快ロックンロールアルバムです。

夏に日本にやってきます。サマソニ(千葉で開かれる都市型ロックフェスティバル)のヘッドライナーだそうです。ですので、このアルバムを聴いて、このフェスに行こうと決意する人が沢山いるんじゃないかと思います。

Taken For A Fool

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2011-04-08_08:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント