STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

Stockholm International Peace Research Institute

Stockholm International Peace Research Institute

このような組織があります。スウェーデンのストックホルムの組織です。
Peace researchなんていう分野に関する研究を行っているのです。平和学ともいえますが、復興支援なども含まれますね。自分の今の仕事をやっていると、復興地域における保健医療に関する業務が増えてくることが考えられます。
復興といいましても、戦争や紛争からの復興ということが言えますし、または災害(地震、ハリケーン、台風)などからの復興もあります。

公衆衛生の観点からいうと、紛争地帯においては母子保健に対するケアが重要になってくるようです。妊産婦および乳幼児の死亡率が高くなるのですね。医療機材が充実していないことと、衛生環境が劣悪なこと、また医療従事者の不足などが主な理由に挙げられます。

また、スーダンなどでは紛争地帯におけるエイズ感染率の増加などの問題がクローズアップされます。避妊をしないことや暴行などが多発されるのだと思います。

自分が今度出張予定の国は、紛争地帯ではないけれども復興支援に関するものです。
何にプライオリティをおいて考えるのか、またアカウンタビリティ(説明責任)についても熟考せねばなりません。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|その他|2011-03-03_18:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント