STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

デロン・ウィリアムズ トレードされてしまった。。。

NBA。

ジャズのPGだったデロンウィリアムズがトレードされてしまいました。
これには驚きました。まったくの寝耳に水です。大体NBAにかぎらずアメリカのプロスポーツの場合、大型トレードがあるときはそれなりのうわさなどが立ったりするものですが、今回のトレードは水面下で進捗していたんですねえ。

ジャズといえば、最近23年間監督だったジェリースローンが辞任してしまいました。僕がNBAを見始めていたときからずっと監督をやっていた唯一の人です。

彼を追い出したとされるデロンが、地元ではやはり悪者扱いされてしまい球団としては放出に踏み切ったと感じています。
でも、どっちかが出るのは時間の問題とされていましたが、デロンも監督のジェリーも二人ともいなくなってしまいました。これで、ジャズは完全に再建モードに突入です。今回の再建は、結構時間がかかると読んでいます。だって、ジェリーがいないわけですから。かれほど、ずっと安定した成績を残してきた監督はいないわけで、この空白を一体誰が埋めるのか。残された選手達はいったい何を思うのか。

カーメロアンソニーも西から東にいってしまい、最近はほとんどの大物が西→東のリーグに移ってしまってます。西側の地盤沈下が止まらないです。

我らがブレイザーズは、レイカースとの接戦にはやぶれましたが、なんとロイが復活しました。これはうれしいです。今シーズンは出ないと思っていたので。軟骨をすり減らしながらもプレーするロイはカッコいいです。

オデンも復帰するという噂なので、キャンビー、プリ、オデンとフロントコートは充実してきました。これにオルド、マシューズそしてミラーが絡み合えば、きっとプレイオフには出場できると感じています。この怪我人だらけの状況でも西5位につけているので、期待したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2011-02-24_23:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント