STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

DELE

上智大学で、DELEを受けてきました。

まず、土曜日に読解、作文、リスニング、文法問題がありました。
そして日曜日にインタビュー(口頭試験)がありました。

今回受けたのは、B2。
B2は、読解と作文に2時間。リスニング30分弱。文法問題1時間。インタビューが15分となっています。
わりにバランスの取れた試験だと思います。西語試験に比べるとということです。

合格するには、3つの項目(読解と作文、リスニングとインタビュー、文法問題)で7割以上とらなければなりません。
例えば、読解と作文が満点でも、文法問題で6割しか取れなければ不合格になってしまうという、結構シビアな試験なのです。

試験を受けた手ごたえですが、正直微妙な感じです。
当初の目論見としては、読解を作文でカバーし、リスニングをインタビューでカバーできると思っていて、そうなると文法問題さえちゃんと出来れば受かるだろうと考えていました。
実際、作文及びインタビューが結構出来たので、読解・作文、リスニング・インタビューの項目は、おそらく大丈夫だと思います。でも、肝心の文法問題が、一番準備に時間を要した文法問題が、かなり厳しい手ごたえです。60問あったので、間違えられるのは18問まで。
ギリギリアウトという気がしています。。。
まあ、言い訳をする気は毛頭ないのですが、今回の文法問題は少し難しかったような気がします(これがすでに言い訳)。

準備をする時間が、やはり2ヶ月くらい必要ですね。次回は、ケチらずにちゃんとテスト対策の問題集を購入しようと思います。

でも、良い勉強になりました。スペイン語は入りはやさしいけど、奥が深いと言われます。確かにすごく奥が深いと思いました。試験会場で、スペイン語で書かれた本が読むのが好きだというおっさんに会いましたが、そういうのを見習いたいと思います。


帰りに、靖国神社を参拝しました。日本人として、国のために戦った先人を供養することは大切な事だと思っていたので、行くことができてよかったです。

意外と市ヶ谷から近かったです。そのまま歩いて神田まで行きました。そしてインドカレーを食べました。
天気が良い日で散歩日和です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(1)|語学(英語、スペイン語)|2010-11-21_18:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脳を"16倍活性化"し、30日で英語をマスターする方法! ※約5千人が実証した「超・集中脳」英語学習法
もしも、あなたが ■「英語が聞き取れるようになりたい」   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...

コメントの投稿

非公開コメント