STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

中南米移民のためのビジネス

NHKで非常に興味深い番組を見ました。

“小さな金融”が世界を変える~アメリカ発 元銀行マンの挑戦~

日本で銀行員として働いていた方が、50歳を過ぎてからアメリカに渡り移民を対象にしたビジネスを始めたという話です。
中南米からの移民は、アメリカでお金を稼いでもほとんどの人が銀行口座を持つことができないので、馬鹿高い手数料を払って母国に送金するのが当たり前でした。手数料は10-15%くらいがあたりまえなので、200ドル稼いでも20-30ドルは手数料で失ってしまいます。この元銀行員は、なるべく安い手数料で送金できるシステムを開発し、今までの手数料の半分以下で送金が可能になりました。

このほかにも、国境ローンなどや支払い手続きなどを色々手広くやっており、ビジネスとしてどのくらい成功しているのか分かりませんが、途上国開発の観点から見た場合は、非常に意義のあることをやっているという印象を受けました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2010-10-14_07:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント