STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

モウリーニョの流儀

モウリーニョの流儀モウリーニョの流儀
(2009/09/03)
片野道郎

商品詳細を見る


結構前に読んだ本ですが。
インテル時代のモウリーニョの流儀というか哲学が書かれています。

以前から、随分凄い監督だな(チェルシーの頃)と思っていたのですが、どうして凄い監督なのか知りたくてこの本を読みました。
システムではなく原則が大切。
選手を守ること。

この二つが肝なのかと思いました。
今年のバロンドール候補でもあるスナイデルは、モウリーニョに心酔しています。

今シーズンのレアルの戦いぶりに注目したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2010-09-30_08:34|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント