STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

数字でみるエルサルの治安

エルサル国家文民警察統計局のデータが手に入りました。

8月の数字を見ると、
殺人 336
殺人未遂 28
交通事故死 80
傷害 340
強姦 65
強請/たかり 301
拉致監禁 52
強盗盗難 405

ということです。人口が600万ちょっとの国ですから、これはちょっと酷いです。
殺人は、一ヶ月だけで336人ですので、一日に10名が殺されています。
拉致監禁が、52件というのも凄いです。どんな拉致なんでしょうか。映画Trafficのメキシコの麻薬組織を思い浮かべてしまいます。

これらの数字の3分の1は、サンサル(首都)で起きています。
でも、実際のところ都市圏の人口が200万人くらいなので、人口比あたりの事件の発生率は国レベルとほとんど変わりません。

今更ながら、無事に帰ってこれてホッとしています。


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2010-09-19_10:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント