STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

独立記念日

今日は、独立記念日でした。
保健省のスタッフで仲良くなった人がいるのですが、その人に誘われて独立記念の祝祭を見にスタジアムに行くことにしました。

サンサルバドルはもとより、エルサル国内各地でイベントが行われるのですが、サンサルのが一番大きいです。

警察学校、軍隊、学校(中学校と高校)の3つに分けられて行進が行われます。
ルートはそれぞれ違います。3ヶ所別々の場所から行進がスタートし、スタジアムで合流するわけです。

我々は、スタジアムで観戦することにしたのですが、結論を先に言ってしまえば、スタジアムよりも路上で彼らの行進を見たほうが良かったように思いました。スタジアムは、観客席から見ることになるのであまりにも遠いのです。お目当てのCachiporristaも、豆粒くらいにしか見えませんでした。。。
行進は、路上で見るというのは大原則である、というのが今日の教訓です。

学校の行進が最初にスタジアムに入り(28校2000人が参加)、その後に警察学校と軍隊が続きました。
今日は、朝10時頃まで快晴だったのですが、そこからまさかの豪雨が始まり、水バケツをかぶったようにビショビショになってしまいました。ちなみに朝は快晴だったので、かなり日焼けしました。

注目のCachiporristaは、どうやら今年で最後のようです。
帰ってきてからテレビを見ると、ニュースでCachiporristaを続けるべきかどうかというような議論をやっていました。テレビを見ていた分かっていたのですが、どうみてもCachiporristaが行進したところが一番人だかりになっていました。なんだかんだいって、Cachiporristaは大人気です。老若男女問わず。来年から中止になるとすると、これはエルサル人のアイディンティティにも関わってくる大問題なんじゃないか、という気がしてきました。

日焼けして肌がひりひりするし、突然の雨でずぶぬれになったし、Cachiporristaは遠くからしか見れませんでしたが、現地の人にこういうイベントに誘ってもらって良かったです。
3ヶ月の出張だと、なかなか現地の人と仲良くなる機会がないですから。

この保健省のスタッフは、娘を連れてきていたのですが、彼女は来年から大学生になるそうです。
入試を今月下旬に控え、今は一番忙しい時期だと思いますが、暢気に来ていました。
日本の文化に興味があるそうで、日本のビジュアル系のバンドやマンガが好きらしいです。
ビジュアル系のバンドは良く分かりませんが、でも日本に興味を持ってもらうのはうれしいです。
彼女は、大学で日本大使館がやっている日本語の授業を取っていて日本語が少しわかるみたいです。でも日本に奨学金で留学したいのなら、英語を勉強しなきゃとアドバイスしました。



これから明日の旅に備えてパッキングをします。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2010-09-16_12:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント