STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

2010年現在、ラテンで流行っている音楽

帰国間際なので、ケーブルTVのラテン音楽の番組をずっと流しています。

なかなかいい音楽がかかっていて、こういう音楽を聴いている「ラテン」ってやっぱ良いよなあと思います。

Cuando Me Enamoro-Enrique Iglesias, Juan Luis Guerra
スペイン出身のエンリケとドミニカ出身のフアン・ルイス・ゲラの共演。

Tito El Bambino-Te Pido Perdon
ホーネッツのPGクリスポールに似ている。音楽のジャンルとしてはReggeton Romanticoということで、つまりソフトなレゲトン(レゲエとラップが合体したプエルトリコの音楽)です。

Camila - Alejate De Mi
メキシコのロックバンド。ボーカルが二人。

ジャンルは、バチャータ(Bachata)。ドミニカ共和国の音楽です。
Aventura-El Malo

David Bisbal - 24 Horas ft. Espinoza Paz
スペイン出身のポップシンガー。

Chino & Nacho - Niña Bonita
チノ&ナチョなんてかなりふざけた名前ですが、なかなか人気があるそう。

WAKA WAKA
ワールドカップのオフィシャルソング?

Playa Limbo - Aun Pienso En Ti
女性ボーカル。Oreja de van goghっぽい。

2010年はこんなのが流行していたというのを覚えておくことは大切です。音楽を聴けばエルサルの記憶が甦るでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2010-09-13_09:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント