STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

週末の過ごし方 IN SAN SALVADOR

週末は、大体外出します。
でも、午後からが多いです。午前中は仕事の書類整理やレポートを書いたりしています。

今週土曜日は、午前中に自室で仕事をして、午後2時からFernando Llortという著名なエルサル人芸術家のお土産が買える店に行き、その後タクシーでMetrocentroに行きました。

Fernando Llortは、1970年代にLa Palmaという小さな町に移り住み、工房を構えて絵を描き始めました。
原色を使う明るい感じの絵が多いです。

彼の作品

あまり欲しいものが見つからなかったのですが、絵が描かれたセラミックの小さなタイルと派手な食器皿は良いかなと少し思いました。

Metrocentroは、相変わらず混んでいました。

日曜日は、やはり午前中は仕事をして、午後からお土産屋に行ってきました。お土産屋ははっきりいってあまり魅力的なところではなかったです。欲しいものがまったく見つからずに去りました。
その後、歩いて国立美術館へ。

美術館は、高台にありました。
それほど広くないのですが、エルサルバドル人の画家中心に絵が並んでおり、古いものは1930年代、新しいものだと2000年代の絵がありました。

1940-50年代の、当時の人々の生活が描かれたものや風景画が良かったと思います。

でもほとんど来客がいませんでした。たぶん10人もいなかったと思います。
日曜日は入場無料だし、もっと人が来ても良いと思うのですけど、エルサルでは美術はin the modeなものではないんでしょうかね。

暑いのに外を歩いたせいか、すごく疲れました。
日本よりは暑くないと思うのですが、今日はちょっと蒸し暑かったです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2010-09-06_10:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント