STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

見送りと漁港、中米一のショッピングモール

ワシントンDCから来ていた方が今日帰るということで、空港まで見送りに行って来ました。
彼が来てからの2週間は色々な面で勉強になりました。

自分のキャリアのほとんどを、中南米の媒介虫対策に捧げてきた方なので、誰もが聞く耳を持ちます。
例えば、今週の木曜日に保健大臣のところへ表敬訪問に行ってきましたが、保健大臣はかなり真剣に聞いていました(ちなみに彼と保健大臣は、ワシントンDCのPAHOで同僚でした)。彼は、プロジェクトに関する問題点をいくつか挙げられていましたが、保健大臣はそれについて迅速な対応をすると約束をしていました。
私が、たとえ同じような内容で問題点を挙げても、実際にそのような対応をしてくれるかといったら、絶対してくれないと思います。

彼は、来週の木曜日にはアルゼンチン(母国)で血液銀行の会議に出るようで、70歳を過ぎてもバリバリ働いています。ああいうタフさは、アルゼンチンの美味しい牛肉を食べて過ごしてきたことから来ているのか、それとももともとタフな人なのか。ちなみに、祖先はポーランドとか旧ソ連のほうだと言っていました。

見送りが済んだ後に、漁港に行って来ました。
大きな桟橋がかかっており、そこの両端にびっしり魚売りが並んでいました。
魚の種類は、アジ、ヒラメ、海老、ロブスター(でもちょっと小さい)、サメ、蟹(沢蟹か?)などが売られています。
値段は、ロブスターで1LBが6ドルでした。1LBは500グラム弱です。
アジは、1LBで1ドルなのでかなり安いと思います。

毎週ここで魚を買っていれば、食生活に困ることはなさそうです。
蟹で作ったスープやロブスターのホイル焼きなんて涎が出るくらい旨そうです。
昔、パナマの小さな島で食べたロブスターが懐かしいです。

太平洋は、カリブ海にくらべて波が高いので海水浴には向きませんが、色々な魚がいるので漁業には適しています。そういえば、中米に来て、初めて太平洋側に来ました(エルサルはカリブ海に面していない)。

午後から、中米一大きいショッピングモールといわれるメトロセントロというところに行きました。
4年前にサンサルに来て以来の訪問です。あいかわらず大きいなモールでした。
人の数も尋常ではありません、すべての買い物客がここに集まっているじゃないかというくらいでした。
他のモールが意外と閑散としている理由がわかりました。
みんなココに来るのです。

久しぶりにグラニータを飲みました。コーヒーのフラッペです。
暑い日には最高の飲み物です。

明日は、来週から始まる研修の準備です。





関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2010-08-29_10:36|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント