STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

風邪完治

先週末に風邪をこじらせました。

なぜ風邪を引いたのか、問題分析をしてみました。
1 疲れ
2 風邪をうつされた
3 クーラー


たぶん、この3つのが上手い具合にミックスして、そんな状況で風邪を引いたのだと思います。

疲れは、エルサルに来てすでに3週間。
生活には慣れましたが、でも疲れはかなり溜まっていたんだろうなと今になって思います。
疲れのせいか、肩の凝りがあったのです。こんなに肩って凝るんだろうかと思うくらいに。

職場の同僚で、風邪を引いている人がいました。
喉と鼻水と咳。同じ症状でした。。。

クーラーのある生活にあまり慣れていないのに、暑いからクーラーをつけるという生活をしていたら、知らず知らずに体を冷やして、免疫低下を引き起こしたのかもしれません。

あとで、日本人のすたっふと話をしたんですが、彼女は風邪を引いてもなるべく薬は飲まないそうです。
理由として、体が熱を出したがっているときに、ムリに解熱剤や抗生物質でコントロールするというのは、本当は体に悪いのじゃないかと思っているからです。

私は、彼女のいうことがなんとなく分かる気がします。
今回風邪を引いた理由をいくつか挙げましたが、結局のところ体にとって風邪を引くこと(それに伴う発熱などの症状)が必要であったから、風邪を引いたのではないかと思います。

風邪引く前から、やけに肩が凝っていて、体内のなにかしらのバランスが崩れているのではという自覚は少なからずありました。さらに風邪を引いてすぐに、でっかい口内炎が二つもできました。

風邪が完治したら、肩の凝りもずいぶん治りました。
風邪を通して、たくさん水を飲みたくさんの汗をかいたことが起因しているのかなと思っています。
口内炎も治りました。

身体との会話は常に必要であると思います。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2010-07-17_00:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント