STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

ファイナル・フォー

ワールドカップのベスト4が出揃いました。

オランダ-ウルグアイ
ドイツ-スペイン

オランダ対ウルグアイは、オランダが有利なはずです。
ウルグアイは、チームの得点王がイエローカード累積で次戦に出られないのです。
堅守速攻で、強力なツートップを持つウルグアイにとって、その片割れがプレーできないのは不利です。

オランダは、たまにポカをやるチームなので、安心はできませんが、しっかり集中すれば勝てると思います。
ファンペルシーは、そろそろ点をとらなきゃいけないですね。

ドイツとスペインは、ドイツが勝つでしょう。
そのくらい、ドイツは充実していると思います。
不安なのは、若いチーム(平均25歳以下)なので経験不足なことくらいでしょう。
でも、試合を見る限り若い選手は落ち着いています。
試合開始そうそう点を取られない限り、落ち着いた試合運びができるように思います。
一方のスペインは、なんだかんだでここまで勝ち上がってきました。
試合を見ていると、綺麗にゲームを組み立てようとする意識がちょっと強すぎるのかなと思います。
もっと、体を張ったプレーをしないことには、ドイツ相手に試合を優勢に進めるには厳しい印象を受けます。

前に、オランダとドイツならドイツ、オランダとスペインならオランダと言いました。
オランダに優勝してほしいので、オランダ-スペインの決勝になってほしいですが、決勝は最高のカードをみたいので、そうなるとオランダ-ドイツかなと思います。

ドイツのサッカーは、いままでどちらかというと退屈に部類するものだったのですが、今大会でその印象がガラッと変わってしまいました。

見ていて、非常に面白いサッカーをします。
ドイツのオランダ化とでもいうべきような変身です。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2010-07-05_01:56|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント