STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

Diego Maradona

マラドーナ率いるアルゼンチンが、メキシコに勝ちました。

一点目は、どうもオフサイドっぽいように見えたんですが、主審はゴールと判断しました。
あれで、メキシコはリズムが狂ったようでした。
三点目だったと思いますが、テベスのミドルシュートはすごかったです。
あの位置、あの体勢からあんなシュートが打てるというのは、よっぽど体が強いんでしょう。

メキシコは、もう少しやると思ったんですが。
やはりベスト16が精一杯なのでしょうか。


試合後の、プレスセンターでのマラドーナの会見を見ましたが、彼の監督としての自信がみなぎっていました。
南米予選では、メディアからぼろくそに言われていたのに、本大会で結果を出し続け自信回復ということでしょうか。
偉大な監督になる道を歩んでいるような印象を受けます。

でも、彼が戦術面でチームを指揮しているのかどうかはわからないですね。
あくまで、仮定ですけど。きっと優秀なアシスタントコーチがいるように思います。
マラドーナの監督としての強みは、選手にモチベーションを与えることができることと、彼の経験を伝えることができることだと思います。

メディアから、次のドイツ戦についての質問があったときに、今はメキシコに勝ったことを喜びたいからその質問には答えられないとか言ってましたが、いかにもマラドーナらしいです。

マラドーナのスペイン語は非常に聞きづらいです。
ほとんど何を言っているかわかりません。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2010-06-28_06:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント