STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

BOOWYのLAST GIGSを聴く

BOOWY

最近、BOOWYを聴いています。
2,3年に一度は無性に聴きたくなります。

last gigsの完全版を聴いていますが、これは20年くらい前に出た縮小版よりか全然良いです。
縮小版は、たしか55分くらいしかなくて、随分あっさりした内容だった記憶がありますが、この完全版は100分の収録で
BOOWYのラストを飾るライブのテンションの高さが如実に伝わってきます。

No New Yorkは、それほど好きな曲ではなかったですが、BOOWYのメンバーにとってとても大切な曲だったのだというのが最近、なんとなくわかりました。そして、曲の良さがわかってきました。

NO NYは、中学のときに初めて聴いたので、かれこれ17,8年経っていますが、今その良さを認識しています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2010-05-25_22:13|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント