STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

まさかのマブス、ナゲッツ(西)、まさかのホークス(東)

NBAは、プレイオフ一回戦が行われています。
一回戦からアップセットの予感が。。。

まずは、マブス。
相手は、ベテラン揃いのスパーズ。
マブスは、シーズン中にトレード敢行して、バトラーとヘイウッドを取り弱点だったフィジカルの強さを手に入れました。チームとしてレイカーズに次ぐ完成度になったと思ったのですが、何かイマイチです。
問題は、PGのマッチアップでしょうか。キッドは良いガードですが、スパーズのスピードコンビを全然止められていませんね。パーカーが控えになりましたが、ベンチから出てきてガンガン攻めてます。スパーズのガード陣はサイズがないが、とにかく速い。そしてスペースが空くとすかさずシュートしてきます。マブスはどうやってその部分を修正するかですが、後手後手に回っているので、ちょっと厳しそうです。

ナゲッツの相手は、ジャズ。
ナゲッツは、シーズン中に監督がガンの治療で離脱してから調子が下降線をたどっています。
エースのメロが孤軍奮闘していますが、サポートがないです。
ジャズは、チームの力で頑張っています。スタメンが二人怪我でいないのに、このような戦いができているのは凄いと思います。監督であるスローンさんの戦術をチーム全体が理解しており、忠実に自分の役割をこなしています。さすが知将。

東では、ホークスが大苦戦。正センターのいないバックス相手の黒星先行です。
ホークスは、東の3強に割って入れるくらいのシーズンを過ごしてきたのですが、ここにきて失速気味です。
プレイオフでの経験が浅いからなのか、監督が駄目なのかわかりません。
バックスは、バックコート人が絶好調です。
サルモン、新人のジェニングス、そして控えのスタックハウスさん。
ジェニングスがプレイオフでここまでやるとは思いませんでした。新人王は、キングスのタイリクで間違いないと言われていますが、プレイオフでの活躍では分からないです(新人王選考はプレイオフの成績が加味されるのちょっとわかりませんが)。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2010-04-26_22:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント