STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ビジネスクラスへ

ゲートで飛行機への搭乗を待っていると、突然スタッフから名前を呼ばれました。

きっとパスポートのチェックかと思ったんですが、なんと無料でエコノミーからビジネスへのアップグレードの招待でした。
正直ちょっと驚きました。というのも、事前にマイレージを使ってアップグレードしようと思っていたのに、すでにビジネスが満席といわれて断念していたので。


13時間半のフライトを終えてのビジネスクラスの感想ですが、やっぱり楽でした。
エコノミーとの比較をすると、
1 テレビの画面が大きい
2 リクライニングが180度まで
3 料理がコース

テレビは、エコノミーだとせいぜい9インチくらいだとですが、ビジネスだと14インチくらいはあるでしょう。
リクライニングは、全自動で180度まで倒れます。ボタンを押すとウィ--ンとうなりながら、背もたれが下がっていきます。違うボタンを押すと、足載せの台がウィ--ンと起き上がってきます。しかし、飛行機内でフラットにして寝ると、ちょっと変な感じがしました(結局いつものごとく1時間くらいしか寝れませんでした)。
料理は、前菜から始まってサラダ、メイン、デザートと続きます。飲み物もひっきりなしに出てきます。

私の席を担当した乗務員は黒人の女性で、ずいぶん明るい人でした。
最初に席についたときに、彼女が名前を名乗って今回のフライトでは私が担当します、みたいなことを言うのですが、アメリカのレストランみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2010-03-27_19:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント