STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

サンカルロス国立大学

仕事でサンカルロス大学に行きました。

職場からは、車で15分くらいのところにあります。
サンカルロス大学は、グアテマラ唯一の国立大学であり、アメリカ大陸で3番目に古いというとても歴史のある大学です(中米で一番大きい大学でもある)。設立は1676年。
アメリカ合衆国にも、たくさん古い学校がありますが、それらを差し置いて3番目に古いというのは何かすごいです。キャンパスは非常に広くて、いかにも大学という感じです(治安はおそらく良いのでしょう)。

今日、訪問したのは薬学部で、媒介虫の研究をしている二人の教授に会い、いろいろとお話を伺いました。
お二人ともかなり長い間日本人と仕事をされているらしくて、かなり歓迎されました。
自分の仕事のヒントになる話を聞くことができ、活かせればと思います。

大学は、新入生の歓迎会があったらしくて、かなり賑わっていました。
しかし、昨日はストライキがあったようです(このあたりの国々では、大学で頻繁にストライキが起こります)。

旅行で海外に行くと、できる限りその国にある大学に行くようにしているのですが、大学というのは国を発展させていく中で貴重な役割を担っているのだということがわかります。
エネルギーを感じます。

来週から東部へ出張なので、週末はその準備をする予定です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(2)|trackback(0)|WORK|2010-02-06_10:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

引き続きお仕事編でもブログが続くんですかね~?

非常にモチベーションがあがるので、是非とも続けて下さい。

海外でその国の大学を訪問するというのは、自分はあまり気にかけたことがありませんでした。

TDらしい、非常におもしろい視点ですね!
勉強になります。
Khumoさん、
ブログは、ほそぼそと続けてみようと思っています。
Khumoさんのブログも期待していますよ。

いままで、いろいろと大学巡りをしましたが、規模で圧倒されるのはやはりアメリカの大学ですね。
ジョージタウンとかすごい建物でした。