STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

高校野球

夏の全国高校野球(甲子園)の決勝がありました。
朝日テレビが試合をネット配信しているので、5,6回の攻防を見ていました。
8-2で中京がリードしたところで、決まったかなと思って見るのを辞めたんですが、すごい試合だったみたいですね。
9回表に日本文理が2アウトから5点を取って一点差まで詰め寄りました。
最後の打球もかなり鋭い当たり(結果はサードライナー)でしたし、惜しかったです。
もし逆転していたら、甲子園史上最高の逆転劇だったかもしれません。
勝負は下駄を履くまでわからんといいますが、まさに高校野球にあてはまる言葉です。

やっぱり高校野球は最高に面白いです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(1)|trackback(0)|SPORTS|2009-08-25_05:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

新潟県人としては、
あの試合は一段と感慨深く観戦しました。
最終的に1点差になった、すさまじい追い上げもさることながら、
県勢として初めて決勝戦に残ったことに非常に喜んでいます。