STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

学校へ

昨日今日と急に寒くなりました。
ほんの一週間前には暑くて大変だったのに、今日はおそらく20度に届いていないくらいです。
風も吹き荒れ、散々な天気でした。

こういう日に限って、学校に行くよう用事があるんですよね。

論文アドバイザーに会うために、久方ぶりに学校へいってきました。
アドバイザーとは、1時間くらい話をしました。

論文に関してですが、方向性は大体OKだと。
そのかわり、マイナーチェンジが必要だとも。

Conceptual frameworkが必要だとのこと。
これに、当てはめてチャプターを重ねていくというのが一般的な書き方なのだそうですが、そのフレームワークが弱いので、そこをしっかり考えるようにといわれました。

あとは、Discussionのチャプターをどのようにするのかアドバイスをもらいました。
ようするに、文献レビューを行って、そこからどういう結論が導かれるのか、ということです。
この論文で一番大切なところだと思います。
自分の意見を言うところですから。
まだ、ここの部分に関しては、全然考えていなかったので今から考えてみようと思います。

現在、約8000字。
まだまだ半分しか書いていません。

これからの一週間が勝負だと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-07-08_04:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント