STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

論文を書く際に、使用しているもの 壱

まずは、ブラウザーですね。
文献を読むので、効率の良いものを使う必要があります。
FIRE FOXGOOGLE CHOROMEを併用しています。
FIREは、タブがついておりウィンドウを開く必要がありません。しかし、少し遅いです。
CHROMEのほうは、速いです。すぐに立ち上がります。
しかし、問題はGOOGLE TOOLBARが組み込むことができません。これは結構痛いです。

GOOGLE TOOLBARの良いところは、なんと言ってもハイライト機能です。これがあると、すぐに探している言葉を探し出すことができるので、重宝します。

文献は、大体がPDFファイルになっているので、PDFリーダーも必要です。
PDF-XChange Viewerを使っています。
最大の長所は、テキストを書き込むことが出来るのと、これもハイライト機能が使えます。
大事だと思うところに線を引くことが出来きます。
線を引いてから、セーブできるので、以前読んだ文献でどこが大事だったか一目瞭然です。

文献管理ソフトは、REFWORKSを使っています。
これが無ければ、参照文献のタイトルや著者名を手打ちで書く羽目になります。
これがあれば、自分の呼んだ文献を管理できますし、後になって大事な文献がどこに行ったか探すという苦痛から開放されます。
(このソフトは、学校が管理しているので生徒は無料ですが、個人使用ではお金がかかります)


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2009-06-07_03:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント