STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

最後のモジュールへ

いよいよ最後のモジュールです。

Disease control。
パソコンを使った授業が多くなりそうです。
なぜなら、VLCというものを使うからです。
バーチャル・ラーニング・コミュニティといいます。

普通の授業がteacher centredなら、このVLCはstudent centredとなります。
つまり生徒が、積極的に関わっていく授業スタイルです。
長らく日本の教育システムで学んできた身には、多少違和感がありますが、しかしなかなか面白そうな授業です。

決められたテーマについてA4で2-3枚のドラフトを書きます。
それをVLCのウェブ上にアップロードします。すると、それを他のクラスメイトたちが見れます。
彼らは、それを読むだけでなく、フィードバックしなければなりません。
そのようにして、パソコン上でやり取りをして、より良いドラフトを作り上げていくという寸法です。

最終的には、ドラフトを3つ提出します。
テーマが、全部で7個あり、そこから3つ選んで書きます。

評価方法は、その3つのドラフトの中身だけでなく、ウェブ内での発言、フィードバックの内容も加味されるそうです。こういうのは日本の教育ではまずないですよね。最近はあるのかな?

このモジュールは、4週間強。
毎日、この授業にかかりっきりにならないようにしたいです。
(毎日最低2時間は論文に充てたいから)
とりあえず、体が資本ですので、睡眠は引き続き7時間取りたいですが、どうなるかわかりません。
ちょっと厳しいかな。


明日の授業は、午前がアウトブレイクについてで、午後は自由です。


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-05-26_07:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント