STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

日ハムが好調であることについて

日ハム、調子良いですね。
新加入の二岡が駄目ですけど(もう駄目なんかなあ)、打撃が凄く調子良い。
打撃コーチが変わったのがよかったのか、それとも梨田効果が今年になって表れてきているのかよくわかりませんが、チーム打率がほぼ2割9分ってのはちょっと凄いですね。本塁打数も悪くない。
ここ数年は、打低投高のチームで貧打を守備と投手力でカバーして優勝争いをしてきましたが、今年はちょっと違いますね。特に高橋と小谷野が素晴らしい。スレッジがもっと打つかと思いましたが、そうでもないですね。しかし、外国人は夏場に打ち出すし、もう少し見てみないとわからないです。

投手力は、チーム防御率を見る限り例年より悪いです。
しかし、八木が復活したのは心強いです。
ダル、武田勝は去年どおり。
武田久の金属疲労が怖いですが。。。

このままなんとか3位以内に入れそうです。

鬼門は、セパ交流戦でしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2009-05-12_23:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント