STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

女王の日

4月30日女王の日です。
現在の女王の誕生日は、実は真冬なのですが、真冬だと国民が外でこの日をエンジョイすることができないということで、前の女王の誕生日を引き続き女王の日にしているとのことです。
国民思いの女王ということで、オランダ国民に愛されているみたいです。

ロイヤルファミリーは、人気があるそうです。皆さん、普通に自転車に乗るし、子供を普通の公立学校に生かせるようですし、かなり庶民的なファミリーのようです。日本とは違います。

朝、10時に寮を出発し、国立美術館前のミュージアム広場を目指しました。
すでに、行く途中の道路で、フリーマーケット状態になっていました。。。
なんでも売っているのかと思いきや、子供のものが多かったです。
もちろん、アンティーク的なものや大人の服などもありますが、大概のものはお金をもらっても買いたくないような代物ばかりでした。


P1020801.jpg
船型バー


P1020804.jpg
ミュージアム広場の特設会場
音楽祭です。


P1020807.jpg
オレンジ一色
ミュージアム広場は、若者が多かったです。


P1020810.jpg


ミュージアム広場から、ダム広場を目指しました。凄い人だかりで目がチカチカします(オレンジだから)


P1020815.jpg
ダム広場のアトラクション



P1020836.jpg
ライツェ広場までの道も人だかりです


P1020839.jpg
トイレが5ユーロ??


P1020843.jpg
パーティには欠かせないアイテム
皆相当ビールを飲んでいます。


というわけで、忙しい一日でした。

若者はダム広場やミュージアム広場に集い、家族持ちの人は道端でフリーマーケットを行うというのが、オランダ人の女王の日の過ごし方のようです。

関連記事
スポンサーサイト

comments(2)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-05-01_04:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

お?
もしかしてコレ↓のことですか?
http://cham-news.net/00/ds21e8c/
空が青い!!
空が青くて、なんかホンジュラスを思い出す!