STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

HSR 引き続きProblem Tree

今日は、チュートリアで、少数グループ(学生7名、講師1名)でそれぞれのHSRのプロポーザルの進み具合について話し合いました。

私の、Low community -based vector surveillance system in Hondurasの出来は、遅々ながら進んでいます。
Problem treeを作るという作業は、なぜシャーガス対策において住民参加があまりなされていないのかという問題を細かく分析することができます。
大まかに分けて、2つに分けました。
コミュニティサイドの問題、それとヘルスセンター(保健所)の問題、
コミュニティサイドの一番の問題は、やはり住民のシャーガスに対する認識の低さでしょうか。
知識が足りないということも考えられます。

例えば家屋内でサシガメ(媒介虫)を見つけた。

どうする?

3択 殺す、捕まえる、無視する

なぜ、殺すのか?
なぜ、捕らえるのか?
なぜ、無視するのか?

問題を細かくしていき、理由をさらに細かく分析していきます。

Research Table作成もおこないました。

これは、HSRにおいて具体的に何を調べるのかを記述して、その答えを探るために(前回やった)IssuesとValiablesを決定していきます。
そして、それらを計るMethods( グループ討論、インタビュー、資料調査)を決定します。

あまり細かく考える過ぎると、本当に調査したいことがブレていきますし、大まかに考えてしまうと浅はかなリサーチにしかならなそうで、その匙加減が難しいと思います。

明日は休みですが、やることが溜まっています。。。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-02-24_07:26|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント