STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

修士論文のテーマと格闘中

修士論文のテーマは、ほぼ決まりだったのですが、、
昨日、担当教官(気さくなおばさん)と話をした結果、もういちどこのテーマでいくのかどうかしっかり考えなさいと言われました。熟考しなさいと。

というわけで、今日は朝からずっとそれについて考えていました。
考えれば考えるほど分からなくなってきたので、走ることにしました。

5ヶ月ぶりのジョグ。
果たして走れるのか?という疑念を持ちつつスタートしました。
最初の5分で太ももが痛くなってきたときはどうしようと思いましたが、結局30分くらい走りました。
かなりゆっくり走ったので5キロくらいでしょう。

今まで行ったことのない方向を目指したのですが、走るには抜群の環境、景色で良かったです。
住んでいるところから東に向かっていきます。
すると、湖(昔は海だったが、堰き止められて湖になった)が見えてきます。大きな橋がかかっており、湖沿い(というかむしろ河川敷に近いのか?)を走ることができます。
住んでいるところから比較的近いのに、いままで行ったことがありませんでした。
まだまだ知らないところは沢山あります。
基本的に飽きやすい性格なので、同じ道ではなくていろんな道でジョグしてみたいと思います。

ところで、やはりオランダ人は走るのが好きらしく、何人かのジョガーとすれ違いました。
オランダのジョガーは、Tシャツにスパッツ(ピタッとしているウェア)というスタイルを好んでいるようです。
みんな大きいので、様になっています。
スラッと背が高いというのは、良いですね。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-02-22_02:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント