FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

スポンサードリンク

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
134位
アクセスランキングを見る>>

タイ人はアプリやらSNSが好きだけど、それは幼稚園も同じであるように思う

息子が通う幼稚園から親への連絡事項や幼稚園での子どもの様子など、日々情報は流れてきます。

情報の伝達手段は、すべからず専用ウェブサイトとスマホ(パソコン)のアプリからです。
アプリなどのテクノロジーは、人々の暮らしが便利になるためのものと思うのですが、この幼稚園の場合、導入しているアプリが複数あり、若干混乱気味です。

1.メインのウェブサイト
こちらには各家庭でログインすることで、コンテンツを見ることができます。
コンテンツは、多岐にわたっており、親への連絡事項、ニュースレター、ランチのメニュー、各クラスの授業内容などで、その量は膨大です。どこにどんな情報があったっけ?と探すのが大変でいつも溺れています。

キャプチャ

2.アプリ(CLASS DOJO)
毎日の通信簿みたいな感じで、子どもがクラス内で何か貢献したら、点数がもらえます。たとえば、片付けを頑張ったから1点とかチームワークがよかったから1点とか。これは、おそらく今年から導入された(うちのクラスだけ?)ものだと思うんですが、その導入目的がよくわかりません。(4歳の)子どもの態度や行動に点数をつけることの意義を見いだせないのです。

3.TAPESTRY
毎日クラスの中でどんなことが行われている各児童の写真とともに短いコメントが付いて送られてきます。たとえば、今日はママにおくるブレスレットを作りました、とか、自分の名前を書く練習をしています、というコメントともにその写真も一緒に送られてきます。これは、すばらしいです。普段クラスの中でどんなことをやっているのか、よくわかります。こういうのは、良いですね。

一昨日は、こんなコメントとともに写真が送られてきました。

○○○(息子の名前) held his pencil with the correct grip and practised writing his name and the letter S.
”○○○くんは、鉛筆を正しく持つことができ、名前を書く練習をしています。”

m_o_56053_p7s2vjppp3fxbf80sjgezgm5dv8k38re.jpg

ウェブサイトは、もう少し情報を取捨選択して見やすくなれば、有益なウェブになると思います。CLASS DOJOアプリは、はっきりいって必要ないかなと。TAPESTRYは、とても良いですね。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(インターナショナル幼稚園)|2018-09-08_04:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント