FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

スポンサードリンク

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
134位
アクセスランキングを見る>>

クレット島へ

バンコクのお隣ノンタブリー県にあるクレット島に行ってきました。
クレット島は、チャオプラヤ川に囲まれた中洲です。
焼き物とお菓子の島と言われており、なかなか興味深い場所です。



行き方は、BTSとMRTとタクシーと船を使います。
アーリーからBTSでモーチットまで行き、MRTブルーラインに乗り換え、さらにタオプーン駅でMRTパープルラインに乗り換えます。しばらく乗ると、『ノンタブリーシビックセンター駅』という到着しますので、ここで下車。

ここから、タクシーに乗り込み、運ちゃんにクレット島に行きたいと告げます。

乗ること15分。クレット島の対岸の仏院(Wat Sanam Noea)に到着です。ここから、船に乗りますが、その料金は2バーツです。子供は無料でした。

37103911_10156059131099270_7320332939223367680_o.jpg

島に上陸すると、地図があります。観光客(タイ人)の流れに従います。

37119443_10156059130929270_3161995652490067968_o.jpg

37116651_10156059131239270_5907577556864860160_o.jpg

お菓子の島というだけあって、いろいろカラフルなお菓子が売っています。

36916354_10156059132284270_6704396605631496192_o.jpg

37113455_10156059132369270_3671435527493517312_o.jpg

37132297_10156059132534270_5772094248031617024_o.jpg

37133908_10156059132154270_1528915165175611392_o.jpg

一キロくらいの狭い道の両側に屋台がびっしり並んでいます。カフェテリアで一服しました。仙草ゼリーが美味しかったです。むかし、水曜どうでしょうで香港でミスターと大泉が仙草ゼリーを食べていましたが、そのときに仙草にはデトックス効果があると言っていました。たしかに、体に良さそうな味です。

37111392_10156059134159270_6662111647580028928_o.jpg

この島は意外と広く、一周するなら自転車がないと難しいかもしれません。我々は一キロくらい歩いて戻ってきました。

クレット島には、いくつかカオソーイを食べさせてくれるお店があります。そのうちの一つに入ってみました。恐竜の人形を操っているオッサンがいるのですが、そこから川の方向に入っていくとあります。御座が敷いてあって、床に座るタイプのお店です。

美味しいけれど、ちょっとヌルいのが残念です。チキンもヌルいです。

37111234_10156059141939270_5932198267910619136_o.jpg

カオソーイを食べながら、チャオプラヤ川を眺めます。

37179926_10156059141909270_8559686692112433152_o.jpg

高床式住居がありました。昔、チェンライでエコツアーに参加したときに、こんな家に泊まりました。

37208213_10156059142404270_8174309795017261056_o.jpg

川海苔を揚げたようなものが売られています。

37133186_10156059142344270_8326798902304964608_o.jpg

バンコクからたった1時間ちょっとで、こんなノスタルジックな雰囲気を味わえるのは素晴らしいと思いました。ただ、BTSやMRT、タクシー、船を乗り継いでいくので、結構疲れます。また、島は観光客(タイ人)で大賑わいなので、人をかき分けてあるのが一苦労です。

でも、おすすめのスポットです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-07-19_05:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント