FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

スポンサードリンク

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
134位
アクセスランキングを見る>>

先々週末は、バーン・バンケーンの百年市場風の市場に行ってきました

バンコクでは、ノスタルジックな思い出に浸りたいのかわかりませんが、ヴィンテージ風の市場が新設されています。
自分が行ったところでは、チャトチャック週末バザールや、チャトチャックのすぐ近くのJJ夜市場においても、ヴィンテージ風の建物が並んだ一角があります。

これらのヴィンテージ風の建物や雰囲気は、百年市場と言われる100年以上前からある市場をモチーフにしています。

先週土曜日に、チャトチャックの北に位置する、『バーン・バンケーン』という百年市場風の市場に行ってきました。バーンとは、タイ語で家や村という意味らしいです。バンケーンは地名です。

入場料は、20バーツです。20バーツ払うとチケットをくれるのですが、このチケットは割引券になっており、中のお店で使うと20バーツ引きになります。

コカ・コーラがスポンサーになっているのか、コカ・コーラ博物館があります。博物館と言っても、小さな掘っ立て小屋です。ただ、多くの展示品が飾られており、なかなか価値のありそうな古いボトルや記念ボトルなど、おもちゃ、人形、バッチ、などが所狭しと並んでいます。

36739603_10156040901119270_6535242853436620800_o.jpg

これはもしや今大会で大車輪の活躍だったグリーズマン?
36735822_10156040901719270_7070276228103536640_o.jpg

36711008_10156040901574270_5194326030373879808_o.jpg

コカ・コーラ博物館を出ると、次にカフェテリアに入ります。

ここで、ワールドカップ仕様のコカ・コーラ缶を購入しました。いろいろ探していたのですが、日本はどうやっても見つからなかったのですが、ここではたくさん売られていました。

36818972_10156040902029270_2482353091198844928_o.jpg

この市場の印象ですが、ヴィンテージ風を意識して作られているのですが、なんというかわざとらしい感じがします。無理にノルタルジックな雰囲気を取り入れようとしているので、薄っぺらいです。置かれているものや家具をみると、確かに50年以上前のものもたくさんあるのですが、全体的に薄っぺらいなあと思いました。

でも、こういう百年市場風の市場は、バンコク市内に結構あるんですよね。タイ人には人気のようです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-07-18_09:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント