FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

スポンサードリンク

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
66位
アクセスランキングを見る>>

息子が幼稚園のサマースクールへ

今週から、息子は8月から入園する予定の幼稚園が行っているサマースクールに通っています。
サマースクールとは、夏休み期間中に行われるものであり、基本的には共働きの親が子どもを預けるために活用するようです。
その内容はというと、普段の幼稚園のカリキュラムとあまり変わらない印象で、教室でゲームをしたり、園庭で運動したり、水泳をしたりというものです。料理のクラスもあるようですが、何を作るんだろう?タイのスイーツだったら良いですね。

息子は現在4歳です。3-5歳のクラスに入っているようですが、詳しいことはわかりません。

サマースクールは、7月の期間だけ行われ、8月は完全に休みになります。新学期は8月下旬から開始となります。

本来であれば、共働きの両親が子供の面倒を見ることができないので、幼稚園がおやすみの時期にこういったサマースクールに預けるのですが、片働きの我が家でなぜ息子をサマースクールに入れたかというと、この幼稚園に慣れてもらうためです。

8月下旬から、この幼稚園にお世話になる予定です。そのために、まずはサマースクールを通して、息子にこの幼稚園のスタッフや同級生に慣れてもらうということで、預けることに決めました。

サマースクールの費用は、すべて込みで25,000バーツです(約8万円)。ひと月で8万円なので安くはないですね。

初日と二日目は、幼稚園に入り母親と別れるときに泣いたようです。

昨日は、妻が用事があったので、僕と行きました。泣かなかったですが、5分位僕からくっついて離れませんでした。スタッフと少し話をしたところ、息子は今のところ特に問題なくやっている。しかし、お昼は、ご飯しか食べずに、タイ料理のおかずには手を付けないとのことです。友達に何かを借りたら、サンキューと言ったとのことでした。少しずつ、簡単な英単語を学んでいるようです。

妻が言うには、夕方に迎えに行くと、普通にみんなに溶け込んでいるようだったとのことで、ホッとしています。園庭で遊んだり、プールで遊ぶのが楽しいようです。体をたくさん動かすことができるのは本当に良いです。

タイに来てから約3ヶ月間、ほぼずっと母親と一緒だった環境から、右も左もわからず、言語(英語)もわからない環境に入れられるのですから、慣れるのには時間がかかると思います。

サマースクールに入れる前は、英語が全然出来ないのでコミュニケーションがうまくとれずストレスを感じることや、タイに来てから約三ヶ月ずっと母親と一緒だったので、母親から離れることができるか、と心配していました。幼稚園には絶対に行かない!なんてなったらどうしようと思っていましたが、今のところそういうことにはなっていません。

ただ、言葉に関しては、せっかく日本語が上達してきて、言いたいことを表現できるようになってきたこの段階で、まったくよくわからない英語環境に入れたので、その自分の思いを伝えられないストレスは相当なものだと思うので、親がしっかりケアする必要があると思います。

ちなみに、おしっこしたくなったら『I wanna pee』 と言うんだよというのは教えました。それさえできれば、とりあえずはなんとかなるかなと思っています。

息子の適応力に期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(インターナショナル幼稚園)|2018-07-03_16:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント